御所人形

所人形
御所三番叟
平安のころ、清少納言が「いと美し」と書したように、稚児の愛らしい姿は日本人形のかわいらしさの原点になり、後に御所人形として完成されました。
 御所人形には、裸形、豪奢な衣装姿、様々な見立てになっても、全て童形で愛らしく三つ割に創られます。
また、木彫りの素地に胡粉を何重にも塗り重ね、白い透き通るような艶やかな肌し、一筆一筆、繊細に毛髪や水引を含む面相を表現するのが特徴です。
 「平安時代から江戸時代、遥か時を隔てて相通う美しさがある。」これこそが日本人が伝え、育んできた美意識に他なりません。
御所人形は、朝廷の御慶事や御出産、御結婚等、様々な祝祭事の際に飾られてきた人形です。
 江戸時代に西国の大名が参勤交代で江戸に赴く途中、京都の宮廷に立ち寄り、贈り物をした際の返礼としてこの人形が贈られ、宮廷や公家、門跡寺院等の高貴な人々の間で愛された人形です。
 名匠・野口光彦から伝えられてきた鈴木人形の御所人形にも、当時からの愛らしさと、古き良き伝統の息吹が宿っています。

株式会社 鈴木人形
■鈴木人形ショールーム本店
埼玉県さいたま市岩槻区本町3-11-3(岩槻区役所すぐ裏)
TEL.048-756-1586
営業時間:9:00〜18:00
休店日:11月〜5月は無休
■カスタマーサービス
TEL.048-757-0223
FAX.048-756-1930
受付営業時間9:00〜17:30
(土日祝を除く)
info@suzuki-ningyo.com
■株式会社鈴木人形 本社/人形工房
埼玉県さいたま市岩槻区本町3-5-16
日本人形(破魔弓|羽子板|雛人形|五月人形)及びその他関連製品、部品の製造・卸・販売

一般社団法人日本人形協会会員
岩槻人形協同組合会員
岩槻人形優良店会会員